読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ家電人生

現在は札幌在中のフリーランサー。元家電量販店の店員があなただけにそっと教える内緒話。のつもりでしたが、思ったことを思ったように。家電、サッカー、文房具etc

電話の音声が聞き辛い?そんな時は骨伝導電話子機は如何ですか?

防犯防災 電話機

 

 結構便利な商品でも露出が少ないと埋もれてしまう良品ってありますよね。今日はそんな商品のご紹介です。

  昔、三洋電機が発売した骨伝導電話機というのがありました。難聴の方向けの電話機で耳の後ろやこめかみに子機を当てて音声を認識する電話機です。

 

骨伝導とは(参考:Wikipedia)

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。この骨伝導は意図的に起こさずとも日常で常に起こっており、例えば自分が聞く自分の声は気導音と骨導音が合わさったものである。録音した自分の声を初めて聞くと強い違和感を覚えるのは、録音機器のマイクは空気伝導によって伝わる音のみを録音するからである。
18世紀ドイツの作曲家ベートーベンは20代後半に難聴を患い、ほとんど何も聞こえないほどの状態になったが、この時彼は指揮棒を歯で噛みピアノに押し付けて骨伝導で音を聞き取ることで、作曲を続けることができたと言われている。
また一部の生物は体表面に耳殻を持たず、そのような生物は骨伝導によって外部の音を検知している。例えばクジラは、水圧の影響を避けるために聴覚器官が全て体内にあるが、下顎の骨で水の震動をとらえて耳骨に伝えることで音を感じ取っている。

 

 今はパナソニックから同型の後継機種が発売されています。ちょっと聞き取りにくいと感じられている方がいらっしゃいましたら、お近くの電気店にお問い合わせ下さいませ。試さないとわからない商品を、実体験もさせてくれない電気店では買わないほうがいいですが・・・

Panasonic 増設子機 ファックス用 KX-FKN551-W

Panasonic 増設子機 ファックス用 KX-FKN551-W