読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ家電人生

現在は札幌在中のフリーランサー。元家電量販店の店員があなただけにそっと教える内緒話。のつもりでしたが、思ったことを思ったように。家電、サッカー、文房具etc

厚釜だから美味しいと言う幻想

 未だに、しかも電器屋の店員が

「この炊飯器は、お釜が厚釜だから美味しいですよ。」

とか言ってるのを聞きました(笑)。

何を根拠にそんな事を・・・と(笑)

しかもそれ、IH式だろ、マイコン式ならわからなくもないけど・・・と言ってやりたかったですが、我慢しました(笑)。

 

 

 

  

厚釜だから美味しい???

 さて、「厚釜だから美味しい」というのは、全くの嘘という訳ではありません。直火でご飯を炊く、竈やガス釜などは、厚いお釜で炊いた方が、炊きムラが少なくなります。薄いお釜と比較して、厚いお釜の方が熱が広範囲に広がりますので、ムラが少なくなるという事実はあります。総合的な火力も比例して強くなります。

 マイコン式の炊飯器も同様の事が言えます。お釜を置く底部分にヒーターが付いていて、ヒーターが熱せられると、お釜に熱が伝わって、ご飯を炊く構造です。お釜が厚いと上に述べたように、熱が広範囲に伝わりますので炊きムラが少なくなります。

 ですから、直火炊きかマイコン式の炊飯器なら、厚釜の方がムラが少なく美味しいご飯が炊けますよという説明はあながち間違いではありません。

 

IH式炊飯器は、IH方式が重要です。

 そして現在主流のIH式炊飯器ですが、釜が厚い=美味しいとは言えません。最近の高級炊飯器はやたらと釜にこだわっておりますので、釜が重要な一因であることは間違いないですが、熱をどう伝達させるのか、熱効率はどうなのか、IH方式はどうなのか、を店員に聞いて選んだ方がいいですね。満足に説明できない店員ほど、

「この炊飯器は、お釜が厚釜だから美味しいですよ。」

という、便利なセリフを使っている気がしますから(笑)。